合同会社(ごうどうがいしゃ)とは、日本における会社形態の1つであり、
合名会社・合資会社とともに「持分会社」という類型に属する。
日本版LLC(Limited Liability Company)とも呼ばれる。GKと略称する。

----- 商法の改定により新しく認められた「合同会社」という形態は -----

出資者が資金を持ち寄って起業することができ、
出資者は「従業員」という意味を持たない「社員」と呼ばれる。
社員の中から「業務執行社員」を置いて業務を行う。

出資者の責任が出資した金額を超えた責任を問われない「有限責任社員」となる。
その事によって広く会社の理念に賛同した人や技能を持った人の参加が可能になる。

会社の運営・事業・利益配分などに関しての意思決定が出資比率によらずできるため、
社員同士の話し合いで事業を決定し行うことができる。
よって幅広い事業を社員各自の意思で企画・運営しやすい。

法人格を持つため資金調達の方法としてベンチャーキャピタル(投資ファンドなど)や
大企業から経営権を侵害されることなく資本のみを受け入れることができる。